×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









2008年、DEATH TRANCE DELILAH始動 !

“FETISH DEATH DIVA” アンジェリックスが、
自ら結成したパフォーマンスユニットDEATH TRANCE DELILAHを率いて
2008年アンダーグラウンドシーンに復活。

OBLIVION〜BUZZCULTという、
最強レディースデスラッシュメタルバンドでの経験を経た後、
自らの音楽的精神的欲望を誠実に表現すべく新たな方向性を切り開く。

ライブではなく、エンターテインメント。

楽曲はもちろん、衣装からステージセットに至るまで、
アンジェリックス自らが描いた
フェイクゴージャスな世界観がステージ上で再現される。

そんなDTD 的エンターテインメントを構築する為必要不可欠なのは、
個性的で強力なメンバー達の存在である。


日本のスラッシュメタルシーンをリードしてきたカリスマヴォーカリスト
ジ〜ザス(現GIGATON)をパートナーに迎え、

強烈な男女デスヴォイスとグラマラスなパフォーマンスを武器に
観る者のハートを鷲掴みにして離さない。

ポップな楽曲上で炸裂する野太い咆哮と、
ステージ狭しと動き回る巨漢ジ〜ザスのライブパフォーマンスは圧巻である。

また尻出しアニキとしての人気も異常に高い。


更にDTDをゴージャスに彩るのは、マイヤ(ex-ANA SPY'S)。

空を引き裂くスーパーハイトーン。
メタリックなパワーヴォーカルから激情バラードまで変幻自在に声色を操る歌姫は、
DTDサウンドをエモーショナルかつドラマティックな展開へと導く。
アンジェリックスの汚声とマイヤの美声のハーモニーは必聴☆☆☆

セクシーなコスチュームに身を包み、
殿方のハートを翻弄する小悪魔姐さんでもある。
DTDの旗手兼、癒し系マスコットボーイ、ダーク666。

某パーティーにてアンジェリックスにスカウトされ、
バンド未経験ながらも、分厚いDTDサウンドに必要な男声コーラスと
派手なパフォーマンスの裏方を支える重要な存在である。

あまりの体の硬さの為、ダンサーからマスコットボーイに降格中。
しかし、その残念な感じが好評を得、愛されている。


ANGELIXワールドに迷い込んだ4人の個性と情熱の融合、
それがDEATH TRANCE DELILAHである。


「時に凛々しく、
時にビッチなヘヴィー・サウンドに毒されにいらっしゃい!」
by アンジェリックス

めくるめくスペクタクル、
DEATH TRANCE DELILAHを体感せよ!






BACK